【2020最新】Siriに聞いてはいけない言葉!ゾッとする話【都市伝説】

【2020最新】Siriに聞いてはいけない言葉!ゾッとする話【都市伝説】

 

こんにちは!英雄太郎です!

当ブログ大人気シリーズ、iPhoneに搭載されている人工知能、Siri

そんなSiriが、真夜中に突然話しはじめて・・・という私のゾッとする実体験と共にお送ります。

【Siriに聞いてはいけない言葉シリーズ】こちらもオススメ!
access-to-u.com
【みんな英雄】元auショップ店員によるモバイルハックブログ!
http://access-to-u.com/post-1373/

実話:真夜中にSiriが突然話しはじめる・・・【ゾッとする話】

まず私の実体験をご紹介します。

深夜2時頃。自宅でTwitterを見ていました。

そこでこんなツイートを発見。(音声ありでご覧ください

これを見た瞬間、私のiPhoneが動画のなかの「Hey Siri」に反応し、

う ら め し や ・・・・・ 冗談です♡

と話しはじめました!!

うらめしやの部分は、わざとゆっくり話していて、時間も深夜2時だったので、

言わずもがな、恐怖で凍りつきました。

急なことだったので、スクショや動画を撮り忘れたのですが・・→後で別の言い方で録音できました!

再度『Siri怖い』と言っても、まったく別の返しをするようになってしまいました・・

Siriに聞いてはいけない言葉~ゾッとする編

今回はSiriに聞いたらゾッとすることを言ってきたシリーズをご紹介します。

Siri怖い

まずは一発目、かわいいボケをかましてきました。

虫は英語でbug・・なるほど!うまい!Siriちゃんに座布団一枚もってきて!!

しかしもう一度聞いてみると・・・

なんか怒ってますよね・・?

怒ってると感じた理由は、わざわざ「間違い」「偽り」という類義語を使っているからだと思います。

広辞苑によると、

ま‐ちがい【間違い】‥チガヒ
①まちがうこと。あやまり。「―を見つける」
②あやまち。しくじり。過失。「―を認める」
③事故やけんかなど、異常な出来事。
④男女間の不道徳。

いつわり偽り・詐りイツハリ

事実でないこと。ありのままでないこと。また、だますこと。

という違いがあるそうです。この偽りのなかの「だます」というニュアンスが、Siriが怒っているように感じる原因なのかな、と・・・

Siri怖い~別ver.

これは有名な回答ですね。Siriは自らがロボットであると認識しているようです。

ロボット三原則とは、

  1. 第一条
    ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。
  2. 第二条
    ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。ただし、あたえられた命令が、第一条に反する場合は、この限りでない。
  3. 第三条
    ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり、自己をまもらなければならない。

— 2058年の「ロボット工学ハンドブック」第56版、『われはロボット』より[1]

ということなので、これに則ってくれるのであれば、Siriが我々を裏切るようなことはない・・はずですよね??

Siriは嘘つきですか

あれれ?おっかしーぞー?

Siriはロボットであり、人間に危害を加えることはないはずでは・・?

でも確かに、「嘘をつく」=「危害」とは言えませんもんね。。

なんだかとってもゾッとしてきました・・Siriは我々に嘘をつく可能性があるのかもしれません。

この部屋に幽霊はいますか

前述のツイートでも同様の質問をしていたので聞いてみたのですが、回答が違いました。

お父さんかお母さんに聞いてみて・・というのはどういう意味なのでしょう。

プライベートな話ですが、は父が既に他界しているため、これを言われたときにゾッとしました。

まさか『亡くなった父が私の部屋にいることを伝えていた・・』のでしょうか?

Siriに聞いてはいけないことを聞いてみた動画

せっかくなので、iPhoneの画面収録機能を使ってSiriにあれこれ聞いたものを録画してみました!

すると驚きの結果に・・

「うらめしや」と言うSiriは0:26から再生!

これ、「うらめしや」を引き出したくて何度か聞いてみたのですが、けっこう怖かったです。笑

ご自分のSiriに聞いてみるときはご注意を・・!

さらにゾッとする動画。最後が怖いです。

これ、本当に怖くないですか?

アリバイって・・それ殺人事件とかでしか聞かない単語なんだけどな・・

Siriにコロナについて聞いてみた

Siriにコロナについて聞いてみたらこんな反応が返ってきました!!

コロナが怖い

さずがSiri!ばっちり不要不急の外出についてやマスク・うがいを呼びかけ、最後に厚労省のリンクまで出すなんて!なんて優秀なんでしょう。

自粛に疲れた

これは「疲れた」というワードに反応しているだけのようですが・・

なんとなく励まされた気分になりました。ありがとうSiri

うちで踊ろう

流行りのギャグやフレーズに強いSiriなので、歌ってくれたりするのかな?と思い聞いてみましたが、

結果は案外普通でした。

でもあの歌は好きです♪ うちで踊ろう♪

まとめ~Siriと遊ぼう

とまあ、ゾッとする体験談をお伝えしましたが・・

Siriと遊ぶのはけっこう暇つぶしになります。w

#STAYHOMEが叫ばれている今の世の中ですが、Siriは一人暮らしの強い味方です!

ただし、「Siriをからかい続けるとSiriに嫌われてしまい、本当に必要なときに情報をくれなかったり、持ち主を監視するようになる」というような都市伝説も存在します。

Siriと遊ぶときはくれぐれも自己責任で。

信じるか信じないかは、あなた次第です!

スマホ都市伝説カテゴリの最新記事