【用語解説】SIMカードの全て!SIMフリー、SIMロック解除とは?【基本のき】

【用語解説】SIMカードの全て!SIMフリー、SIMロック解除とは?【基本のき】

こんにちは!英雄太郎です!

携帯電話業界でよく耳にする「SIMカード」についてまとめていきます!

これを読めばSIMカードの全てがわかる!?

SIMカードとは?

SIMカードとは・・・(Wikipediaより抜粋)

SIMカード(シムカード、英語Subscriber Identity Module Card)とは、GSMW-CDMAなどの方式の携帯電話で使われている、加入者を特定するためのID番号が記録されたICカード

つまりは回線契約に必要で、携帯電話に挿入する契約者情報を書き込んだチップのこと。

日本で4G電波(携帯電話会社の電波)を使用して携帯電話を使用する際は必ずと言っていいほど必要です。

携帯電話会社各キャリアごとに色やデザインは異なりますが、基本的に大きさ、形は一緒です。

つまり、auで買ったスマホにDoCoMoのSIMカードを挿入することは可能です。

ただし、従来各キャリアから販売されているスマホはSIMカードにキャリアロックがかかっているため、そのままでは使えません。



SIMフリー端末とSIMロック解除端末

それぞれの違いって?

まずはそれぞれの違いを簡潔に説明します。

SIMフリー端末:工場出荷時からSIMロックがかかっていない端末。つまり、格安SIMなど様々なSIMカードを使用することを想定して製造されている端末。

SIMロック解除端末:各キャリアから販売され、そのキャリアでの使用を想定して製造されているスマホに対し、そのキャリアロックを解除して他社SIMカードを認識できるようにした端末。

従来、携帯電話会社各キャリアから発売されている端末は、それぞれの電話会社のSIMカードしか認識できませんでした。

理由としては、今と違ってMNPなどをせずに同じ会社を使い続ける人が多かったため、縛りを設けておいても支障がなかったからです。

ただ、昨今はMNP需要も増え、格安SIMなどMVNO会社を選択する人も増えてきました。

そこで、SIMフリー状態の端末を販売することによって端末における携帯電話会社の縛りがなくなり、格安SIMなど他社のSIMカードを入れ替えて使うことができるようになったのです。

ただし、そういったSIMフリー端末はHUAWEIやblackberryなどの海外製のスマホがほとんどです。

基本的に各キャリアから発売されている人気機種(iPhone,Xperia,GALAXYなど)はSIMロックがかかっています。

ただし、「SIMロック解除」という手続きをショップで入れることで、お手持ちのスマホで他社SIMカードを使用することができます。(手数料は2160円ほどです)

SIMロック解除端末の注意点

ヤフオクやメルカリなどでよく目にする「SIMロック解除端末」ですが、これはSIMフリーとは全く違うということを認識しておきましょう!

SIMフリー端末:いつでもSIMカードの入れ替えができる

SIMロック解除端末:新しく他社のSIMカードを認識することはできるが、そこからまた別のSIMカードに変更したい場合は再度手続きをする必要がある。

この違いは大きいです。

SIMカードを入れ替える度にロック解除が必要なので、ショップへ出向かなければならないし、手数料もかかります。

いろんな格安SIMを試したい方はSIMフリー端末を購入することをおすすめします。

逆に、ただ単純に今使っているスマホが壊れて困っている、MNPはするが転々とするつもりはないという方はSIMロック解除端末でも問題ないでしょう◎

まとめ

いかがでしたか?

ご自分の使用用途に合わせてSIMフリー、SIMロック解除を上手に使い分けてくださいね!

スマホ豆知識カテゴリの最新記事