あなたは大丈夫?AirDrop痴漢が流行っている件

あなたは大丈夫?AirDrop痴漢が流行っている件

こんにちは!英雄太郎です。

今回は現代だからこそ横行している新しい【痴漢】について紹介し、注意喚起するための記事です。

狙われやすい女性の方はもちろんのこと、男性も用心しておいたほうがいいかも?

AirDrop(エアドロップ)とは

iPhoneなどのAppleのデバイス同士でデータをやり取りできる機能で、そのスピードと手軽さから写真やURLなどシェアするときに非常に便利です。

Wi-FiとBluetoothを使用して、至近距離にいる人とデータをやり取りします。

いちいち連絡先を交換しなくてもデータが受け取れるから便利!

使い方がわからない人向け!AirDrop簡単な使い方

使い方は簡単。

シェアしたい写真を選択し、AirDropをONにする。

 

受け取り側はコントロールパネルを起動し、Wi-Fiなどを選択する画面の中央らへんをタップ。

するとこの画面が出てきます。AirDropをタップ。

 

受信相手を決める画面です。連絡先を登録している人なら「連絡先のみ」、そうでない場合は「すべての人」を選択します。

 

これだけでOK!そうすると、とっても簡単にシェアした画像が送れます。

届くとこんな感じに。

AirDrop痴漢の手口とは?狙われやすい場所

この便利な機能を使った痴漢が横行しているのです。

さきほど説明した手順でAirDropがONのままになっており、さらに「すべての人」の設定のままになっている人は、AirDrop痴漢の被害を被ってしまいます。

LINEのIDが送られてきた、という女性。

新手のナンパですね。

 

これは完全に痴漢のパターン。

こんなの送られてきたらもう腹立って仕方ないですよね。

やはり痴漢はiPhoneの名前を見て痴漢をはたらいている模様。

相手が男性とは知らずに卑猥な画像を送ってきたみたいです。

狙われやすい場所は?

私が調べたところ、圧倒的に電車内が多いようです。

でも中には新宿の歌舞伎町や、学校内でも被害に遭ったという方も。

不特定多数の人がいる場所で横行しているみたいですね。

どうすれば防げる?AirDrop痴漢の具体的対策

できる対策は2つあります。

①AirDropを常にOFFにしておく

基本的なことですが、AirDropを使用した後は、必ずOFFにしておきましょう。

そうすれば、痴漢に遭うこともなくなります。

②iPhoneの名前を本名やあだ名ではなく、性別が判断できない名前にしておく

初期設定のままになっている場合、みなさん自分の本名や「●●ちゃん」みたいなあだ名にしていないでしょうか?

女性らしい名前になっていると、AirDrop痴漢の被害に遭います。

個人情報の流出にも関わるので、名前は自分にしかわからないものに設定しておきましょう。

番外編:おもしろAirDrop痴漢

卑猥な画像が送られてくるのは不快なだけですが、AirDrop痴漢をおもしろおかしく利用している人もいるそうです。

なんとこの後AirDropをし返して、交流した模様。。

ちょっと笑っちゃいますw

スマホ豆知識カテゴリの最新記事