ゴネトクでお得に機種変更【2018】

ゴネトクでお得に機種変更【2018】

こんにちは!英雄太郎です!

皆さん「ゴネトク」ってご存知ですか??

ゴネトクと聞くと所謂クレーマーのようなイメージですが、実はその一手間いろいろとお得になるチャンスなんです!!

今回はそんな「ゴネトク」についてまとめていきます!

ゴネトクとは?

まず「ゴネトク」とはなんなのか、解説いたします。

不平自分勝手言い分を言うだけ言って相手負担をかけ、結果として利益を得ること。ゴネることで得をすること。(実用日本語表現辞典より)

不平や自分勝手な言い分を言う=クレーム、という認識でほぼ間違いありませんが、この記事で取り上げるのはただ単にクレームをつけるということではなく、得をするための一手間としてゴネトクを紹介していきたいと思います。

機種変更前にやるとお得になる行動

J:COMクーポンを活用しよう

皆さんはご自分の自宅のネット環境を把握していますか?

数年前まではNTT提供のフレッツ光一択だった地域も多かったのですが、近年は光ファイバーの工事が進み、様々なネットサービスを自由に選べるようになりました。

なかでも知らず知らずに使っているケースがあるのが「J:COM」です。

特にマンション・アパートに住んでいる方は該当する可能性が高いです。J:COMは元々ケーブルテレビサービスの会社なので、マンションやアパートにはじめから設備が導入されているケースが多いです。

特に関東圏では住宅情報誌やサイトに「インターネット無料」などと称してJ:COMが既に導入された物件であり、かつオーナーが使用料を支払ってくれるので居住者は無料でネット回線が使えるという物件も多くあります。

そんなJ:COMユーザーの皆さんが使えるお得なクーポン、それがJ:COMクーポンです。

J:COM契約者には毎月J:COMからオススメチャンネルなどが掲載された雑誌が入っているDMが届くのですが、その中に実はクーポンが入っています!!

でも気づかずに捨ててしまう方も多いでしょう。

でも大丈夫!!お近くのJ:COMショップへ行き、「機種変更したいのでクーポンをください」と伝えて、自宅の住所など契約内容を伝えればクーポンを渡してもらえます。

クーポン内容は時期によって様々ですが、基本敵には

機種変更:10,000円キャッシュバック

新規・MNP:30,000円キャッシュバック

を受け取ることができます。これは使わないと損ですよね!?

auからのクーポンを活用しよう

J:COM契約者以外の皆さん、J:COMクーポンはあきらめましょう・・・

でも大丈夫!まだクーポンをゲットする方法はあります!!

それはauから発行されるクーポンです!!

実はauも定期的にユーザーにクーポンを発行しています。

  • 誰でも割(2年契約)の更新が近いユーザー
  • 利用機種の分割がもうすぐ終了するユーザー
  • au長期利用のユーザー  etc

上記のどれにも該当しないアナタ!!

ここで「ゴネトク」を使いましょう。

お客様センターに電話をし、「スマホが急に壊れた」と伝えます。

センターのお姉さんにいろいろと質問されると思いますが、とにかく一貫して「気づいたら壊れた。自分のせいではない」と主張します。

うまくいけば機種変更を条件にクーポンを発行してもらえます。

それを持ってauショップへGOです!!

クーリングオフ制度を活用しよう

携帯電話の契約でよく耳にすることとして「契約した覚えのないものを契約させられた」「抱き合わせ販売で不要な端末を買わされた」など、きちんとした説明なしに契約をさせられたというもの。

販売店にも説明責任はあるものの、契約をしてしまった以上、契約者にも責任はあります。

ただ、携帯電話の契約は本当に複雑ですよね。わけもわからずショップの人に言われたまま契約してしまう・・・なんてことはよくあることです。

でもそれで月額料金がとんでもなく高くなってしまったり、不要な端末の代金を支払わなければならないのは納得いきませんよね。

その場合は、「クーリングオフ制度」を利用しましょう。

クーリングオフとは

平成28年5月21日施行の改正電気通信事業法令によって電気通信サービス(いわゆる携帯電話会社との契約)の新たな消費者保護ルールが導入されました。
初期契約解除制度というものです。
この制度がクーリングオフの役割を持っております。
初期契約解除制度を概要すると

「一定の範囲の電気通信サービスの契約について、契約書面の受領日を初日とする8日間が経過するまでは、電気通信事業者の合意なく利用者の都合のみにより契約を解除できる制度。」

となります。
携帯電話のクーリングオフは8日以内!としっかり覚えておきましょう!

契約解除できるもの・できないもの

クーリングオフ制度を利用し、契約解除を行った場合、契約が白紙に戻されます。その際、2年契約等の契約解除料金は免除されます。

ただし、免除されないものも多々あります。

  • 新規契約事務手数料
  • 料金プラン(月額プランの日割り料金)
  • 使用料金(通話料金など)
  • 端末代金

特に注意したいのがこの「端末代金」です。

端末代金はスマホの場合、約10万円ほどします。

たいていの場合はこれを24回の分割契約で購入します。この分割代金は免除対象になりません!!

携帯電話の契約(回線の契約)と端末代金の分割契約は別物として考える必要があります。

逆に言えば、購入した端末はたとえクーリングオフで契約解除したとしてもあなたの手元に残りますし、所有権はあなたにあります。

その端末をどうしようとあなたの自由です!

しかも携帯電話会社の分割はなんと無金利なんです!!24回払いなのに、手数料なし!!!!!

これを逆手にとると、こんなことができます。

①大手キャリアでiPhoneを契約する(24回払い)

②クーリングオフで契約を解除(手数料等は支払う)

③端末代金はキャリアに分割で返済する

④MVNO(マイネオ、楽天モバイルなど)の格安SIMをiPhoneに入れて使う

これで、端末はお気に入りのiPhoneを使用しながら、回線料金は格安スマホを使うということができます!!

ただ、大手キャリアにはスマホの代金を割引するサービスがあるので、それを加味するとあまり料金は変わりません・・・

手間隙のことを考えると、そのまま大手キャリアで使い続けたほうが懸命かもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか?あなたは「ゴネトク」チャレンジする気持ちになりましたでしょうか?

正直、私は面倒なのでできないですw

もし実践したことがある方がいらっしゃれば、ぜひぜひ教えてください!

auショップ裏技カテゴリの最新記事