スマホ代(ガラケーも)が何故か周囲の人より高い!?料金を安くするために確認すべき3つのポイント

スマホ代(ガラケーも)が何故か周囲の人より高い!?料金を安くするために確認すべき3つのポイント

こんにちは!英雄太郎です!

今となってはスマホは一家に1台、ではなく1人1台なくてはならない新時代に突入してきていると思います。

そしてそんなスマホの気になることの一つに

「月々の料金」がありますね!

月々なぜか1万5千円も請求がきている…

長くauを使っているのになんでこんなに高いんだろう…

プランなんてよく分からない…

色々あると思います。

私はよく友達との飲み会などに行った際にauユーザーを見つけると

「スマホ貸して!」と言って勝手に友人のスマホをいじり、

「はいっ3000円安くしといたよ」「これ知ってた?500円安くなったねー」

なんて具合に慈善活動を行なっていました(笑)かなーり喜ばれます(笑)

月500円安くできれば年間で6000円ですよ!!

バカにできないですよねー。

節約をするために食費を抑える飲み会の回数をを減らす。。。の前に携帯代を見直してみてはいかがでしょうか?

今回は料金を安くするためのテクニックをポイントを押さえながらお伝えしていきたいと思います。

因みに、表題にも書いてありますがこれはガラケーにも言えることなのでガラケーユーザの方も目を通して見てください。



Sponsored Link

POINT1 料金プランの確認

これは当たり前といえば当たり前ですね!

たーだ、あなどってはいけません。

実はau、7月14日から新料金プランを打ち出しております。

その名も「ピタットプラン」「フラットプラン

基本的にはデータ量の少ない格安SIMに対抗したプラン体系になっているのですが、高容量プランで使っている人も旧プランと比較して価格を下げているので、見直してみると単純に1000円2000円安くなっちゃう人が結構います。

高容量低容量関係なく安くなるということです!!

私の周りもホントーに多いので、プラン変更を7月以降していない人は、一度見直しをしてみることをオススメします。

※スマホを買ってから2年以内の方(厳密にいうと毎月割という割引を受けている方)は特別割引が終了してしまうので、安くならない可能性があります。

プランの細かい仕組みやお得な機種の買い方などはまた機会があればお伝えしますね。

POINT2 有料コンテンツの確認

今回のテーマの中で1番お伝えしたいことかもしれません。

落し穴的なポイントです。

これはガラケー時代から使っている人に多く見られるのですが、「着メロ」だったり「壁紙」だったり昔流行ったあの月々払いの会員制のサービスに今だに加入をしてしまっている人がいます。

外すのを忘れてそのまま…

町の携帯屋さんで勝手にいれられて…

入ってるかどうかもわからない…

my au見たけど別に入ってなかった…←この方要チェック

実はガラケーからスマホに変える際、そういった会員登録の類は自動退会になりません。

そしてやっかいなことに、スマホからの会員登録は「かんたん決済」というシステムで決済をおこなうことがほとんどなのですが、ガラケー時代の頃の会員登録は「有料コンテンツ」となります。

つまりは、「確認する場所・退会の方法」が全く別なのです!!

しかも有料コンテンツに関しては、ショップに見直しの相談をしにいってもほとんどの場合教えてくれません。(とても親切な方に当たれば別ですが私の経験上ほぼ無いと思います)

私が以前対応した方で、1番すごかったのはこの部分の見直しで1万円近く安くなった人を見たことがあります(笑)

自分で外そうと思って「my au」を開いてもかなーり見にくい、いやらしーいところにページがあるので自分で退会する場合は苦戦するかもしれません。

なのでショップに行って「有料コンテンツ入ってるか見てください」と直接用件を言うのもいいかもしれませんね。

あ、あと次のPOINTでも触れますが「かんたん決済」でも同じことが言えるので見直しはお忘れなく。



Sponsored Link

POINT3 パス系サービスの存在

スマホを買った時に

「これは入っちゃうんでお願いしますー」

「入れとくのがお得です」

「キャッシュバックの条件です」

なーんて言われて入った記憶はありませんか?

その名も「スマートパス(372円税抜)

他にも

  • 「ビデオパス(562円税抜)」
  • 「うたパス(324円税抜)」
  • 「ブックパス(563円税抜)」
  • 「ディズニーパス(372税抜)」
  • 「グルメパス(390円税抜)」

au独自のコンテンツがたくさんあります。全部合わせると2,583円ですよ(笑)

買ったお店や、時期によってオススメされるコンテンツは変わりますがほぼ間違いなくスマートパスは皆さんついていると思います。

最近は「スマートパスプレミアム(499円税抜)」という上位互換も登場しました。

もちろん悪いサービスではありませんので、ご自身で使用している認識ををお持ちであればPOINT3はスルーしてください。

ちなみに、ほとんどの人が入っているであろう「スマートパス」「スマートパスプレミアム」とはどんなものかと言うと

大きく分けると「iPhoneユーザー」と「Androidユーザー」でサービス内容が変わってきます。

大きな特典の違いを端的に説明すると「iPhone」は保証が少し手厚くなり、「Android」はアプリが一部取り放題になる。(2018年1月現在)

とまぁこんな感じです。

なので逆に言うと保証を手厚くしなくていいしアプリも取り放題じゃなくて良ければ外しても良いということです。

もう少し詳しく外した方が良い人をお伝えするとこんな人です。

・Andoroidを購入してから2年たっており、スマートパスではアプリを取っていないという人。

2年たってない人は外すことで割引が減額する人がいるので余り金額が変わらないケースがあります。アプリも最近はフリーで補えてしまうものがほとんどなので、取り放題がそもそもいらないと個人的には思います。ただ注意しなければいけないのは、スマートパスで取ったアプリは外してしまうと全て消えてしまうので気をつけてください。(例えばLINEの認証が入ってしまっていると一緒に消えちゃったりします。)

・iPhoneを買ってから2年以上たっているもしくは、修理の際1万円程度なら払えると腹をくくれる人

iPhoneはもともと「Apple care」という純正の保証があります。その保証サービスに入っていればどんな故障であれ最大でも1万円前後で直してくれます。そこをさらに補填してくれるのが「スマートパス」という訳です。

ただよく考えて見てください。スマートパスは月々税込で401円です。1年で4,812円。2年間で9,624円にもなってしまいます。

これは完全に掛け捨てですのでもし壊れなかった場合払い損になってしまいます。

ですから、もしスマートパス本来のサービスを使っていないのであれば退会をオススメします。

以上、パス系の外し方をお伝えしてきましたがスマートパスはその他にも協賛の会社のコンテンツが使えたり、クーポンが色々と取れたりと使い方によってはお得になるサービスでもありますので、この記事を期に利用を始めてくれたらそれはそれで嬉しい限りです。

スマートパスに関してはコチラの記事もご覧ください。

まとめ

①プラン見直し

②有料コンテンツを確認

③au独自のオプションを使い続けるかの判断をする

ということをすれば安くできる可能性は高いと思います。

その他にも実はまだ

  • タブレットやルーターを使っていないのに契約してしまっている。
  • なんか2台持ちを提案されて携帯2つ持ってる。
  • auで昔もらった電子写真立てが家に眠っている。

などなど安くするために見直すポイントは他にもあるのですが

それはまたの機会に。

冒頭の繰り返しになりますが、食費や娯楽費を削る前にまずはスマホの見直しをして生活を少しでも豊かにできるよう心がけてみてほしいいと思います。

格安SIMに変えることが情報強者で大手キャリアに居続けることが情報弱者のような風潮が最近の世の中にはあるような気がしますが、私はそうは思いません。

自分が気に入って、自分が納得したサービスを納得して使い、そして納得してその金額を払うということが企業との繋がりであり。世の中への還元だと思いますので。ぜひ知識を持った上でご自身で判断をしてみてください。

何かご質問・要望等あれば下記からお願いします

auショップ裏技カテゴリの最新記事