auショップはバックアップしてくれない?そんなことありません!

auショップはバックアップしてくれない?そんなことありません!

こんにちは!英雄太郎です!

 

auショップで機種変更するときに、「バックアップはお済みですか?」と聞かれますよね。

 

バックアップってなに?

 

どこまでバックアップしてあればいいの?とわからない方もいると思います!

 

今回はそんな方に読んでいただきたい内容です!



Sponsored Link

バックアップとは?超簡単に説明!

基本のき、ですが、バックアップとは、

スマホの中のデータを別の場所に保存しておくことです。

自宅のPCやSDカードに保存させておくことや、Cloud上にアップしておくこともできます。(Cloudってなに?と思った方はコチラをお読みください)

機種変更や修理時には必ず必要になりますが、普段からバックアップを取っておけば、万が一急にスマホが壊れてしまった時や紛失時にも慌てず対処することができます。

バックアップは自動的には行われませんので、必ず操作or設定が必要です。

auショップでバックアップする方法!

バックアップの種類

バックアップには数種類あります。

①PCバックアップ

→自宅のPCにバックアップを取ること。iPhoneの場合はiTunesを使って簡単にバックアップできる。

②SDバックアップ

→Android端末のみ。本体にSDカードを挿入してバックアップをとる。

③Cloudバックアップ

→iPhone,Android共に可能。Wi-Fi環境下でバックアップが可能。少し時間がかかる。

auショップでできること、できないこと

auショップでできるバックアップは、②と③です。

ショップにノートPCを持ち込んで①をやる、という方もごく稀にいますが、基本的にそこまでのサポートはしていません。iPhoneの場合はApplestoreに誘導されるでしょう。

②SDバックアップは、SDカードを持っていることが大前提必要になります。万が一持っていない場合は、対応するSDカードを買っていくか、auショップで購入しましょう。

auショップで購入したほうが費用は高くなりますが、5年保証でSDが壊れた時に無料で交換が可能です。

③Cloudバックアップは、Wi-Fi環境が必要なので、auショップで導入されている「au Wi-Fi」に接続しましょう。

接続できない場合は「au Wi-Fi」の接続設定が未完了です。設定しましょう。

わからない場合は、ショップ店員に相談すれば一緒にやってくれますので、ご安心ください。

ただし、ゲームのバックアップ(引継ぎ設定)など、それぞれのアプリ内で設定をしなければならないものはauショップでは対応できません。自分でやる必要があります。

auショップではバックアップをしている間ずっと待っていなければならない(長いときは30分操作できない)し、必要最低限のもの(電話帳、写真、LINEなど)しかバックアップ方法を案内してくれないことが多いので、できればご自分でやったほうがいいでしょう。

自分でバックアップをするならオススメの方法

auショップでのバックアップについて書きましたが、実際には自分でバックアップをしたほうが時間的にも内容的にも楽なケースが多いです。

バックアップのオススメ方法をご案内します!

iPhone

iCloudにバックアップをとる方法もありますが、とにかく時間がかかります。

オススメは、iTunesバックアップです。

iPhoneをPCに接続し、iTunesで「今すぐバックアップ」というボタンをクリックするだけでOK。

操作方法の詳細はコチラをご覧ください。

Android

「データお預かりアプリ」を使ってバックアップが可能です。

auスマートパスに加入していない場合、Cloudバックアップの容量が1Gのみになってしまいます。auスマートパスに関して詳しくはコチラをご覧ください。

ただし、このデータお預かりアプリでバックアップされるのは下記のデータのみです。

これ以外のデータは自分でバックアップ方法を探す必要があります。

※機種によってはメーカーごとによりカンタンで詳細なバックアップが可能なものもあります。

まとめ

いかがでしたか?バックアップは意外とカンタンにできます。

どうしてもわかんない!!というときはauショップを頼りましょう。

でもショップは混みあっていることが多いので、自分でできる限りやってみることをオススメします。

ショップに待ち時間なしでお願いする方法に関してはコチラをお読みください!

auショップ小ネタカテゴリの最新記事